梅雨が明けて、本格的な夏の暑さが始まりましたね(T ^ T)

夏の猛暑が苦手な私ですが、エアコンの入りすぎも苦手で体調管理に一番苦労する時期がやって来ました。

ただ今年はコロナの影響で出かけることもなく、例年以上に仕事をしているので外の暑さで苦労することがなくまだ夏バテにはなっておらず元気に仕事をしています。

 

例年ですと7月の夏休み入ると手術が一段と増えますが、今年は例年とは少し違う流れで7月初旬からずっと手術が多い日が続いています。

 

二重、目頭、目尻、グラマラスライン、鼻ではプロテーゼ、鼻中隔延長、鼻尖縮小、軟骨移植、お顔のリフトアップ(糸リフト)人中短縮、脂肪吸引(顔、顎、二の腕、お腹、二の腕)が特に多くなっております。

 

ご紹介の方が特に多く、嬉しく思っております( ^ ^ )/□

 

また今年はマスクをされているせいか、シミやヒアルロン酸治療も例年のこの時期に比べて一段と増えております。

皆様の美のお手伝いをこれからも任せていただけるように、これからも頑張ってまいります。

 

今年はコロナの影響で講演が軒並み中止になっていますが、レーザーメーカーもユーザーの先生方に情報を提供するためにwebセミナーが盛んになってきています。

 

当院では手術以外にもレーザーを多数扱っており、今回はシミ治療のスタンダード治療機になったピコレーザーについての講演です。

 

ピコレーザーを購入しているドクターはここ数年で一気に増えました。

ピコレーザーと言っても日本ではマイナーな機器も含めると10種類くらいのピコレーザーがあります。

皆さんからするとピコレーザーというとみんな同じに見えますが、一つ一つの特徴はなかり異なります。

私が採用しているエンライトンも完璧な機器ではなく、その特徴をよく理解して使用していかないといい結果で出ません。

 

私はエンライトンSRという機器をアジアで最初に導入したこともあって今回はざっくばらんなお話をする予定です。

今回はエンライトンがピコレーザーの中でどのような特徴があるのか?また欠点はどのようなものか?などユーザーの先生方の参考になる情報を提供できればと思います。

 

と言っても、日々の診療に終われまだ何も準備はしていません。

もう少し頭の中で構想を練りながら、いつものごとく直前に仕上げようと思っています( ^ ^ )/□