長野駅徒歩5分│形成外科・美容外科・美容皮膚科 JUN CLINIC (ジュンクリニック)
>>ENGLISH
お問合せ・無料カウンセリング予約
026-225-9191
受付時間:10:00~19:00

眼瞼下垂(保険診療)

眼瞼形成

眼瞼下垂

眼瞼下垂症は目を開ける筋肉の老化現象による視野障害(目が見える範囲が狭くなる症状)が起こります。

眼瞼下垂症
眼瞼下垂と視野

また目が開きづらくなることで、無意識的に交感神経が過剰に働くことで眉毛を過剰に開けたり、肩の筋肉が過剰に収縮します。その結果、眼瞼下垂による頭痛や肩こりが起こります。

眼瞼下垂による頭痛や肩こり

眼瞼下垂の診断には様々な診断基準がありますが、当クリニックではMRDという基準を設けています。

眼瞼下垂の診断基準MRD

MRDが2mm以下で病的(保険診療の範囲)と診断された方または明らかに眼瞼下垂と診断できる方には保険診療の適応して治療を行っています。

我々の経験では、約半数の方が術後に肩こりや頭痛の改善を認めています

また重症例や先天下垂例ではゴアテックスや筋膜移植での治療を行う場合があります。

p393_600_400

眼瞼内反

加齢により眼瞼部が弛緩することにより眼瞼が内反し、まつ毛が角膜を傷つけ、痛みや充血が生じます。

それぞれの原因によって、Jones法と呼ばれる手術に準じて手術を行っています。

眼瞼外反

通常は顔面神経麻痺によって生じることが多いですが、加齢によっても起きます。原因や重症度によって幾つかの術式を選んでいます。場合によっては耳介軟骨の移植を要します。

“お気軽にお問い合わせください”

ご不明な点・費用など

電話番号
026-225-9191

診療時間:10:00〜19:00
(休診:日・月曜日)

形成外科・美容外科・美容皮膚科
JUN CLINIC(ジュンクリニック)
長野県長野市北石堂町1402 甲州屋ビル 5F