長野駅徒歩5分│形成外科・美容外科・美容皮膚科 JUN CLINIC (ジュンクリニック)
>>ENGLISH
お問合せ・無料カウンセリング予約
026-225-9191
受付時間:10:00~19:00

眼瞼下垂手術

“形成外科専門医が行うこだわりの
眼瞼下垂手術”

形成外科専門医が行うこだわりの 眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは・・・

日常的にまぶたの開け閉めを当たり前のように行っていますが、そのメカニズムは非常に複雑です。

まぶたを開ける筋肉は二つあり、挙筋腱膜とミュラー筋です。

挙筋腱膜とミュラー筋

二つの筋肉が協力して、まぶたがスムーズに開きます。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、これらの筋肉が先天的(生まれつき)または加齢で筋力が弱くなってしまうことでまぶたの開きが悪くなります。

p453_640_327

まぶたの開きが悪くなると、視野が狭くなってものが見えにくくなってしまいます。

それだけでなく、まぶたを頑張って開けようとするあまりに交感神経という神経に力が入ってしまうことで、頭痛や肩こりの原因になってしまいます。

慢性の頭痛や肩こりは眼瞼下垂が原因であることも

慢性の頭痛や肩こりで悩んでいる方の中には眼瞼下垂が原因であることがあります。

眼瞼下垂の原因・・・

先天性(生まれつき)

加齢(まぶたを開ける筋肉が衰えるため)

コンタクトレンズの長期使用

花粉症、アトピー性疾患 (目の周りを掻いてしまうことで起こります。)

白内障、緑内障の術後 (手術時の影響で起こることがわかっています。)

アートメイクやアイプチなどまぶたに負担をかけている人

眼瞼下垂の症状・・・

まぶたが重い

慢性の頭痛

肩こり

眼精疲労

眼瞼下垂のサイン

眼瞼下垂のサイン

眠そうな目

上瞼が凹んできた

二重の幅が広くなってきた

額のシワが気になるようになった

眼瞼下垂の診断

当院では保険診療ならびに自費診療でも眼瞼下垂の手術を行っております。保険診療の眼瞼下垂では、以下の診断基準をもとに眼瞼下垂症という病名が当てはまる方に適応しております。

当院での眼瞼下垂症の診断基準

下図にありますMRDという距離が2mm以下の方は、眼瞼下垂と診断をして保険診療での手術を行っております。

実際は、頭痛の有無や肩こりなどの所見を総合して診断しております。

p456_640_501

※当院の保険診療の眼瞼下垂は見た目にもこだわった手術をしておりますが、あくまで保険診療の範疇で行っています。整容的に強いこだわりがつよい方、また眼瞼下垂と診断されないが目の開きをよくしたい方には自費診療をご案内しております。

眼瞼下垂の手術

シミュレーション、デザイン

手術に伴うまぶたの形の変化をご説明しながら、ご希望の二重のラインを参考に手術のデザインを行います。

シミュレーション、デザイン

局所麻酔

強い痛みを感じでしまうと腫れや内出血が強く出てしまいます。できるだけ細い針を使い、痛みに配慮しております。

麻酔で使用する針の比較

切開

局所麻酔が効いたことを確認したのちに、切開を行います。

切開

筋肉の短縮

まぶたを開ける二つの筋肉を確認したのちに、眼瞼挙筋腱膜またはミュラー筋の前転量調を調整します。

筋肉の短縮

※先天性眼瞼下垂の方で生まれつきにまぶたの筋力が弱い方には筋膜の移植を行っています。

筋膜の移植

微調整

まぶたの開きに伴い二重のラインが変わってきます。ここからが少し細かい作業が必要になります。患者様にはまぶたの開け閉めを行っていただき、左右差などを確認して筋肉の前転量や皮膚切除量の微調整を行っていきます。

微調整

閉創

最後は皮膚を縫合して終了になります。

眼瞼下垂の自宅での処置(術後2日間の注意点)

 眼瞼下垂の手術では、手術だけでなくその後の安静によって腫れや内出血が大きく変わってきます。

 

自宅では以下のことに気をつけて生活を送ってください。

 ・できるだけ安静を保って、患部を冷却してください。

術後に家事やお買い物などの日常生活をすると腫れやすくなります。できるだけ冷やして、安静に過ごしてください。

・日中は寝て過ごさずに、座って過ごしてください。

日中は寝て過ごすよりも、座っていただいた方が腫れがひきやすいことがわかっています。ただ術後気分がすぐれないことがあれば、横になって過ごしてください。

・ご家族や友人との長話は控えてください。

長話をすると血圧が上がります。血圧が上がってしまうと腫れや内出血が悪化しますので、できるだけ安静に過ごしてください。

・痛みを感じたら我慢せずに痛み止めを内服してください。

痛みを感じますと血圧が上がってしまい腫れが出やすくなります。痛みを感じたら、早めに痛み止めを内服してください。

・翌日から水洗いで優しく洗顔をしてください。

患部は翌日からは優しく水洗いをしてください。患部を洗っていただくと傷口が綺麗になります。強くこすってしまうと、出血の原因になりますので注意してください。

眼瞼下垂術後の腫れ

眼瞼下垂の術後は通常このような経過をたどります。

p462_1024_521

術後1~2日で腫れはピークになります。

その後腫れは1週間で70%ほど改善し、その後は1ヶ月で90%くらいまで改善します。

最終的に腫れが完全に引くまでには3〜6カ月程度かかると言われています。

ほとんどの患者さまは1〜2週間程度で社会生活に戻られます。

まずは腫れのピークある術後1〜2日を安静に過ごす体制を整えて手術に臨んでください。術直後の腫れが抑えられれば、その後も腫れが引きやすくなります。

眼瞼下垂手術の費用

眼瞼下垂症(挙筋前転法)保険が3割負担の方両側
約48,000円
片側
約26,000円
保険が1割負担の方両側
約16,000円
片側
約9,000円
眼瞼下垂症(筋膜移植法)保険が3割負担の方片側
約60,000円
保険が1割負担の方片側
約19,000円

“お気軽にお問い合わせください”

ご不明な点・費用など

電話番号
026-225-9191

診療時間:10:00〜19:00
(休診:日・月曜日)

形成外科・美容外科・美容皮膚科
JUN CLINIC(ジュンクリニック)
長野県長野市北石堂町1402 甲州屋ビル 5F