こちらの女性は眼瞼下垂によるまぶたの開けづらさや肩こり頭痛などを悩まれ手術をしております。通常、眼瞼下垂の手術ではまぶたを開きやすくすると二重の幅は狭くなりますが、二重の幅はあまり変えたくないということで切開線を調整しています。術後1か月でまだ少し腫れが残っていますが、肩こりや頭痛もなく左右差もなく綺麗に仕上がっています。