長野駅徒歩5分│形成外科・美容外科・美容皮膚科 JUN CLINIC (ジュンクリニック)
>>ENGLISH
お問合せ・無料カウンセリング予約
026-225-9191
受付時間:10:00~19:00

ご相談の多いクマ症例のご紹介です。

今日はお仕事でお世話になっている方からケーキの差し入れをいただきました( ^ ^ )/□

甘党の自分やスタッフには嬉しい差し入れで、お昼に美味しくいただきました。。

ケーキは美味しいな〜と幸せな気分で午後診療に突入です!

 

 

当院には非常にクマのご相談が多く、二重、眼瞼下垂とまぶた治療の専門クリニックのようになってきております。

さてさて今日の症例は40代でクマで悩まれている方です。

かなり脂肪の突出が強い方です。

このくらいになってきますと、ヒアルロン酸などの注入によるカモフラージュ治療は向いていませんので治療を希望されるなら手術が必要になります。

 

手術方法には

・経結膜脱脂

・ハムラ法

・裏ハムラ法

などがあります。

ハムラ法というのは突出した脂肪を移動させてクマを改善する治療で以前は盛んに行われていました。

ただ移動できる脂肪の位置に制限があること、また経結膜脱脂に比べて腫れや内出血のリスクが高いために当院では皮膚のたるみが極端に強い方などに限定をして行っております。

 

そのために当院で行うほとんどのクマ手術は経結膜脱脂になります。

 

ただ経結膜脱脂は脂肪を十分に減らせるという点では非常に優れていますが、不足した部分にボリュームを足すのにはヒアルロン酸や脂肪注入を行う必要があります。

 

ただヒアルロン酸や脂肪注入を行ってもダウンタイムはハムラ法より少なく、理想的な位置に注入を行えるのでとても優れた治療だと思っております。

 

今回の方は、経結膜脱脂にヒアルロン酸を併用したのですが・・・

以前からブログを見ていただいている方にはわかりますが、横からのフォルムが綺麗になっています。

青い矢印が脂肪が突出した部分は綺麗に凹み、赤い矢印のボリュームがやや少ない部分は綺麗な丸みを帯びています。

 

クマでお悩みの方は是非一度無料カウンセリングをお受けください!

モニターで受けていただける方もまだまだ募集しております。お気軽にお問い合わせください。