長野駅徒歩5分│形成外科・美容外科・美容皮膚科 JUN CLINIC (ジュンクリニック)
>>ENGLISH
お問合せ・無料カウンセリング予約
026-225-9191
受付時間:10:00~19:00

お顔のバランスを考えたフェイシャルデザイン治療

5月は講演会が2つありましたが、次は8月の美容皮膚科学会での講演です。こちらは全国の美容皮膚に携わるドクターが集まる一大イベントです( ^ ^ )/□

 

今年はランチョンセミナーと言って、お昼の時間にご飯を食べながら話を聞くコーナーがあります。今年はそこで約30分間お話をさせていただきます。多いブースですと、80名ほどのドクターがいるので気が抜けません。

 

最近は30分ほどお話をさせていただくことが増えてきたのですが、一番大変なのはその資料作りです。そして今回お話するのが皆様も気にあるリフトアップです。

 

今回は美容皮膚科の学会なので、特に手術ではなく機器(HIFU)を使ったリフトアップについてです。

 

さてさてそれでは、機器でどのくらいのリフトアップができるのか?

リフトアップの治療としては、フェイスリフト、糸リフト、ヒアルロン酸、HIFUがあります。通常のレーザーではリフトアップはしません。肌が引き締まることで引き締め効果はありますが、それはリフトアップとは異なります。

 

実はこのHIFUも製品によって効果がかなり異なります。これまでデモも含めて4種類ほど使用しましたが、私は今の機器が気に入っています。

中にはあれっ!?ていうほど、痛みもなく効果も感じにくいものもあります。(それだけ名前が一緒でも効果が異なるということです。)

 

私自身、長野の診療で最近はHIFUを多用しています。

ただHIFUだけでもいい結果は出ますが、より良い結果を出すために他の治療とコンビネーションをしています。

HIFUは実は脂肪を減らす減量効果に優れた機器なので、顔のボリュームを減らしたい部分に集中的に当てますが、増やしたい部分にはHIFUは使わずにヒアルロン酸を注入します。メリハリのある治療が必要です。

最近は顔全体にHIFUを打つことが本当に少なくなりました。

つまり、顔がこけている人にHIFUを勧めても実感はなく、場合によってはこけが助長してしまいます(⌒-⌒; )

当院のカスタマイズレーザー治療はその人にあったレーザーを組み合わせますが、顔全体も必要な部分に必要な治療をするのが一番です。

 

そんなお顔もバランスを考えてやる治療を勝手に”フェイシャルデザイン治療”と名付けてやっています。

こちらはそんなフェイシャルデザインでHIFUとヒアルロン酸のコンビネーション治療を行った方です。

30代後半の女性ですが、目元や頬のたるみが気になるとのことです。

 

 

 

確かに目元も疲れて見えますし、たるみも少し気にありますね。手術は嫌だし、もう少し手軽に若返りたいということで・・・・

目元とリフトアップをヒアルロン酸でHIFUはフェイスラインを整えるために必要な部位に行っています。○で囲まれた部分は少し凹んでいるので、この程度だとHIFUは少し使いますが使いすぎは注意です。

 

少しボリュームを出して疲れた印象の目元を修正して、フェイスラインはすっとさせることができました( ^ ^ )/□

 

こちらの方はヒアルロン酸1本とHI FUをフェイスラインに行っております。

ヒアルロン酸 1本 6万円(税別)

HIFU フェイスライン部分的 45000円(税別)で行っております。

合併症は腫れ、内出血、痛みになります。

若さのポイントはメリハリのあるお顔立ちです。必要な治療を必要な部分に行う”フェイシャルデザイン治療”は効率的に治療を行うことができので、これからの美容のスタンダード治療になっていくでしょう。