大好きな芍薬の季節が終わり、紫陽花が綺麗な季節ですね。長野の方はガーデニングをされている方が多い印象で、お花やハーブのお話に癒されております(*^^*)

さて今日は「おでこ」のお話。

おでこはもともと凹みが強い方もいらっしゃいますが、老化とともに骨が萎縮し、ゴツゴツした平坦な、おでこになってきます。

おでこがゴツゴツしてくると、男性的な印象を与えたり、実年齢よりも老けて見える原因になります。

 

またおでこの横ジワもご相談いただくことが多いお悩みの1つです。おでこの横ジワが前頭筋というおでこにある筋肉の収縮が原因ですので、治療としては筋肉の収縮を緩めるボトックスが適応になります。

この横ジワのボトックス治療の際に注意が必要なのが、眼瞼下垂を合併しているケースです。

眼瞼下垂のある方は、額の筋肉を使ってなんとか目を開けている状態なので、筋肉の動きを抑えるボトックス治療をしてしまうと十分な開眼ができなくなり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

この場合、根本的には外科的手術が適応ですが、ダウンタイムもあるため、すぐにはできない、、という方も多いのが事実。そのような方の額のシワ治療としても、ヒアルロン酸治療は良い適応になります。

 

 

それでは実際の症例を見ていきましょう。治療はヒアルロン酸注入を行なっています。

こちらは正面から見た術前、術後のお写真です。

正面からですと、凹みがわかりにくいかもしれませんが、光がおでこの中心に当たっているのがお分かりになりますでしょうか^ ^

おでこの頂点を整えてあげることで、光がおでこの中心に当たり、立体的なお顔になり、小顔効果が生まれます。

 

こちらは斜め横からのお写真です。

実は人からよく見られている横顔。正面よりも斜め横からの方が、おでこの凹みが目立ちますね。

ヒアルロン酸注入後は、凹みがなくなり、柔らかい印象になりました。

 

 

こちらは真横からのお写真。

おでこの頂点もその方のお顔のバランスに合わせて調整します(^-^)v

 

 

今回の症例は、あくまで自然な仕上がりを目指し、ナチュラルで綺麗なまるいおでこに仕上げました。

私個人としては「いかにも」な仕上がりよりも、ヒアルロン酸を感じさせないくらいの自然な仕上がりが好みです。

ヒアルロン酸は10種類以上を取り扱っていますが、額の皮膚の厚さ、凹み具合、なりたい仕上がりによって製剤や注入方法を選択しています。

また麻酔方法も痛みが少なく、かつボリューム評価の妨げにならないように工夫しています。

カウンセリングにてなりたい仕上がりを一緒に相談していきますのでご安心下さいね(*^^*)

ボトックス/ヒアルロン酸治療件数 3000件以上

————————————————————————–

ヒアルロン酸 1本 ¥60,000、2本目から¥50,000

リスク:内出血、血流障害、アレルギー